ポエポエからメールが届かないお客様へ

ウクレレ教室はじめ魅力あふれるスクール開校中!ワークショップやミニライブも

標準 大きく さらに大きく
ホーム > ワークショップ&ライブ > ワークショップ&ライプ:名古屋 > 山内 雄喜 ウクレレ・スティールギター・スラックキーギターワークショップ

山内 雄喜 ウクレレ・スティールギター・スラックキーギターワークショップ

皆さんお待ちかね! 山内雄喜先生のハワイアンワ-クショップ開催決定しました!!

 1376171_525787214181445_880850716_n

ハワイアンウクレレワークショップ

ウクレレにぴったりハワイアンソングを弾いてみよう!ウクレレ

  • 日時:6月28日(日)   12:00~13:30
  • 参加費: 3,500円

スティールギターワークショップ

スティールギターに挑戦!!ウクレレとのアンサンブルは絶品の一言!!スティールギター

  • 日時:6月28日(日)  13:40~15:10
  • 参加費: 3,500円

スラックキーギターワークショップ

フラも踊れるスラックキーギターを習得!!

  • 日時:6月28日(日)   15:20~16:50
  • 参加費: 3,500円

 

共通

  • 場所: ポエポエ名古屋スタジオ
  • 定員: 各10名 ※感染予防対策のため参加人数を減らして開催いたします。
  • 持ち物: ギターまたはウクレレ( 無料貸し出しのギター・ウクレレもご用意しておりますので、楽器をまだお持ちでない方もどうぞお気軽にご参加下さいませ。貸し出し用ギター・ウクレレをご希望の方はご予約時にお申し付け下さいませ。 本数に限りがございますのでご用意できない場合もございます。)
  • お申し込み: 店頭又はメール(poepoenagoya@nofofon.com)、お電話(052-971-7779)にてご予約承ります。
    2クラス受講の場合は6,500円、3クラス受講の場合は9,500円とさせて頂きます。

■ポエポエ名古屋からのお願い■

現在、新型コロナウイルスの影響により、まだまだ各地でイベントの延期や中止が相次いでおり、ポエポエ東京店はまだ週末の営業・レッスンを自粛しております。(自粛は5月末まで予定)
名古屋店は通常営業、レッスン・ワークショップも開催していく予定ですが、急遽営業自粛やレッスン・ワークショップの中止などを決定する場合がございます。
その際、ご予約いただいている方にはご連絡いたしますが、念のためご来店の際はHP等を確認していただけると幸いです。

当店としましては、店舗・教室に除菌アイテムの設置、定期的な除菌・換気に努めてまいります。
レッスン・ワークショップにおいては、参加人数を減らして密にならないように開催していきます。

みなさまにおかれましては、マスクを着用する、こまめにうがい手洗いを行う等、感染予防対策に各自ご対応くださいますようお願い申し上げます。
また、講師がマスクを着用したままレッスンを行う場合もございますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
また、体調がすぐれない場合には無理をせず外出を控える、また会社や学校の意向に従うなど、感染予防対策はご自身の判断と責任でご対応くださいますよう、みなさまのご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

ポエポエ名古屋スタッフ一同

 

ワークショップ風景(スラック・キー・ギターワークショップの風景)

山内雄喜スラックキーギターワークショップ風景 山内雄喜スラックキーギターワークショップ風景 山内雄喜スラックキーギターワークショップ風景

<山内雄喜 -Yuki Yamauchi-> 1948年、東京生まれ。 少年時代にハワイ音楽に興味を持ち、15歳の時よりスティール・ギターを始める。大学在学中は大学のハワイアン・クラブでスティール・ギターを弾く。ハワインの中でも、とくにスラック・キー・ギターの素朴な味わいに惹かれ、この奏法に独学で挑戦。 大学卒業後、ハワイに渡り、レイ・カーネ氏に師事する。カーネ氏の他、ギャビー・パヒヌイやサニー・チリンワースとの共演もある。 帰国後は実家の家業であるこんにゃく屋を継ぐかたわら、1975年にパイナップル・シュガーを結成。1977年、日本人として初めてハワイ放送のラジオ・KCCNのプログラム"Honolulu Skylark"に出演し、演奏する。1978年には「パイナップル・シュガー・ハワイン・バンドVol.1」をリリースし、本格的なスラック・キースタイルを紹介した。また同年、本邦初のスラック・キー・ギターの教則本「ギター変則チューニング奏法」を出版。1979年にポリドールよりLP「虹のアロハ・スピリット」をリリース。以後も地道な活動を続け、1996年には師匠であるレイ・カーネと共に、東京でステージに立った。 真のアロハ・スピリットを追求しながら、ライブ活動や、コンサート活動を続けている。 また、サンディーやネーネーズ、島幸子のアルバムにも参加、レコード解説等の執筆もおこなっており、現在ギャビー・パヒヌイの伝記を執筆中だとか。 ハワイ音楽に関する世界的なコレクターの一人でもある。
 
ホーム > ワークショップ&ライブ > ワークショップ&ライプ:名古屋 > 山内 雄喜 ウクレレ・スティールギター・スラックキーギターワークショップ