ポエポエからメールが届かないお客様へ

ウクレレ教室はじめ魅力あふれるスクール開校中!ワークショップやミニライブも

標準 大きく さらに大きく
ホーム > ワークショップ&ライブ > ワークショップ&ライブ:東京 > タマラ’s Wala‘au Style(ハワイ語ワークショップ)Kaho’olawe

[終了しました] タマラ’s Wala‘au Style(ハワイ語ワークショップ)Kaho’olawe

講師であるマウイ島出身のタマラ先生と一緒に楽しく学んでみませんか? きっと、これまでとは違ったホントのハワイに触れられるでしょう!!

第12回目のワークショップのテーマは「Kahoʻolawe」です!

今回は、マウイ島のすぐ近くに位置する小さな島、Kaho‘olawe (カホオラヴェ)島についてレッスンしていきます。カホオラヴェ島は、1994年に返還されるまで長い間、米国海軍所有の爆撃練習場として利用され度重なる戦争や軍事訓練などの影響で土地は荒廃してきました。

そんなカホオラヴェ島には遺跡が数多く存在し、そうしたハワイ文化と自然保護を目的に1976年頃から返還運動を展開していた「Protect Kahoʻolawe Ohana」についてのお話も交えつつ、カホオラヴェ島の歴史に触れながらレッスンしていきます!

今回は、その「Protect Kahoʻolawe Ohana」のメンバーとしても活躍した偉大なミュージシャンGeorge Helmという人物に捧げられた曲Hawaiian SoulFlying (Peter moon band)の 2曲を題材にレッスンしていきます!

そして昨年12月のワークショップで取り上げました、ハワイ語と同様にハワイの人にとって欠かせない言語・ハワイアンピジン(#2)についてもレッスンします!

「wala‘au」とは、ハワイ語で「語りあう」という意味があります♪ タマラ流 wala‘au styleでLet's enjoy!

皆様のご参加をお待ちしております!

ワークショップ概要

          • 日程: 2017年6月18日(日) 
          • 時間: 12:00~14:00
          • 定員: 15名 
          • 場所:ポエポエ東京スタジオ
          • 参加費:3,500円
          • お申し込み:下記フォームまたはお電話(03-3716-1339)にて。
<講師プロフィール:Tamara Piilani Eldridge(タマラ・ピイラニ・エルドリッジ) > マウイ島出身。父方のカメハメハ1世の政治を支えるへヴァへヴァの血筋、母方のカメハメハ1世の血筋を受け継いでいる。また、あの伝説のサーファー、エディ・アイカウの親戚でもあるタマラ。 来日してから約10数年。2006年「ディープでふしぎなハワイのおはなし」を出版。また、日刊イトイ新聞にて本当のハワイを紹介している。

お申込みフォーム

お名前:(必須)   全角
フリガナ:  全角
お電話:(必須)   半角
携帯など昼間連絡のとれる電話番号
メールアドレス:(必須)  半角
※携帯電話のメールアドレス、及びフリーメールアドレスでお申込みの場合、当店からのメールが届かない現象が発生しております。2日以内に自動返信メールや担当者からのメールが届かない場合には、お電話(03-3716-1339)にてご連絡ください。
メッセージ本文:
ポエポエのご利用について ポエポエをはじめて利用ポエポエの利用は初めてではない

 上記内容でよろしければチェックボックスをチェックしてください。

※ご記入された内容は確認画面なしで送信されます。
送信ボタンをクリックする前にもう一度ご確認下さい。
※お申込み後、自動返信メールや担当者からのメールが届かない場合には、お手数をお掛けいたしますが、パソコンや携帯電話のメール設定をご確認の上、お電話(03-3716-1339)にてご連絡ください。


 
ホーム > ワークショップ&ライブ > ワークショップ&ライブ:東京 > タマラ’s Wala‘au Style(ハワイ語ワークショップ)Kaho’olawe